東大生の頭の中をさらすブログ

【現役東大生ブロガー】 公立の小中高→予備校に通わず東大合格→大学では家庭教師として計8人を指導しつつ、海外インターンなどに挑戦 / 学生、子持ちの親、勉強のやり方を見直したい社会人の味方 / おすすめ勉強法を超具体的に発信中

ブログタイトル

【青チャートの使い方】劇的に成績が上がる勉強法を東大生が徹底解説

f:id:toudain:20181002123255j:plain

青チャートってどんな問題集なの?おすすめの使い方は?

現役東大生がズバリ答えます.

僕は数学問題集は2つしか使っていませんでした.そのうちの1つが青チャートです.

これをやりこめば,東大合格レベルの力がつきます.本当におすすめ.

記事を読んでわかること・青チャートはどんな問題集か
・どんな人に向いているか
僕が実践した使い方
・実際に僕が使っていた時期
・青チャートの次にやるべき問題集

読んで実践すれば,数学の問題がスラスラ解けるようになりますよ!それでは行きましょー!

 

青チャートとは

一言で言うと,「身に着けるべき基礎問題(+応用問題)が体系的にまとまっている数学問題集」です.

対応レベル

f:id:toudain:20190109190640p:plain
参考:イクスタ

教科書の例題から難関代入試レベルまでバランスよく扱っています.センター対策としては十分すぎるレベルです.

ただ,決して難しすぎるレベルではありません.多くの人が勘違いしていますが,東大生が使っていたからって,その問題集が難しいわけではないです.

そもそも,東大の問題は基礎知識があれば十分解けます.

青チャートは教科書レベルからあるので,基礎からステップアップしていくことができるのです.

青チャートが難しかったら

チャート式はレベル順に
赤>青>黄>白
と4つのシリーズがあるんですよね.

数学はセンター試験だけ!青チャートは難しい!

という人は黄チャートでもよいと思います.ただ,青チャートも十分基本問題を含んでいるので,2次試験までのバランスを考えると青がおすすめかな.

赤チャートはさらに,ハイレベルな問題を扱っていて,授業と併用する問題集としてはあまりおすすめできません.何度もいうけど,東大でも青チャートで十分.

 

特徴

  1. 例題で学ぶ形式
  2. 各例題で「指針」があるのでどこに着目すれば良いか分かる
  3. 体系的にまとまっているので,苦手分野を把握しやすい
  4. 問題のレベルが5段階で分けてあるので,基本を押さえてから応用にという使い方もできる

特に,すばらしいのが2と3です.数学が苦手な人は問題を見て

そもそも何から始めれば良いか分からない

ってなることが多いと思います.青チャートには「指針」が載っていて,着目すべきポイントが分かるようになっています.

数学が苦手な人でもとりあえず,手を動かしていける仕組みがあるのです.

また,分野ごとに体系的にまとまっているので,模試などで自分の苦手分野が分かったら,そこを集中的にやりこむことが可能です.(実はこれが効率的に点数が上がる方法

 

青チャートのおすすめの使い方

僕が実際にやった使い方を解説します.ぜひまねしてみてください.

間違えた問題をとにかく繰り返す

基本的に授業の進度に合わせて,その分野を仕上げていくイメージです.で,解き方を身に着ける上で,一番重要なのが「間違えた問題に印をつけて繰り返すこと」.

それぞれの周で意識するべきポイントを具体的にまとめます.

1周目

授業で習った範囲の例題を答えを見ずに解く.

レベル3までの問題は3分考えて方針が分からなければ,「指針」を読む.それでもできなければ答えを見る.

レベル4以上の問題は考える時間を長めにする.できなかった問題にはチェックを付ける.

2周目

チェックがついた例題を中心に解く.考え方を一度は理解したはずなので,1周目のようにすぐ答えを見ずになるべく自力で解く.

3周目以降

チェックがついた問題を中心に繰り返す.

定期テスト毎に1つの分野を最低2周はやって苦手を残さないようにしておきましょう.

色々,細かく書きましたが,とりあえず間違えた問題を繰り返しとけば大丈夫!

 

特にやるべき問題はこれ!

青チャートって,問題数多くてめちゃ分厚いんですよ笑 全部やろうとするとしんどいと思うので,特にやるべきものをまとめます.

青チャートの構成
  • 例題:典型的な問題と模範解答
  • 練習問題:例題に似た問題
  • エクササイズ:実際の入試問題

この中で特にやるべきは「例題」と「練習問題」です.時間がなければ例題だけでもよいですが,やはり似たような問題を解いてこそ解き方は定着します.

エクササイズはやれば力が付きますが
・3年生になってから
・基本が理解できてから
やれば十分.

実際,僕もエクササイズはほとんど解いてません笑

 

問題はレベル別にやり方を変える

前にも書きましたが,すべての例題は5段階のレベルに分かれています.

さらに,例題の中でも
・基本例題
・重要例題
・演習例題
に分かれています.

レベル別にやり方を変えたほうが効率的に勉強できます.

レベル3までの例題,基本例題

3分考えて方針が分からなければ,「指針」を読んで,手を動かしてみる.それでもできなければ答えを見る.

基本問題は解き方を覚えてしまうのが一番楽.このレベルの問題は,見た瞬間に解答の流れが頭に浮かんで,書き始められるぐらいを目指しましょう.

レベル4以上の例題,重要例題,演習例題

考える時間を長めにする.手を動かして条件を整理したり,やれることをやってれば,方針が立つこともある.

このレベルのちょっと難しい応用問題は,解法を丸暗記するのではなく,「どうやったら答えにたどり着くか」を理解することに努めた方がよいです.

方針の立て方はこの記事にも書きました.(記事最後にも載せるので,飛ばして読み進めてもらって大丈夫です.)

 

苦手分野を集中攻略

テストなどで分からない問題があったときに辞書的に使います.苦手分野が把握できたら,その分野の例題と練習問題を解きましょう.

これ,めんどくさく見えて,弱点をつぶすのにめっちゃ有効です.お試しあれ.

 

実際,僕が使った時期

1年生から入試直前まで.

  • 基本,授業の進度に合わせて使う
  • 模試の前後に弱点克服のために使う
  • 演習系の問題で分からないことがあったときに基本を確認する

かなりヘビーユーザーでした笑

 

青チャートの次にやるべき問題集

青チャートは基本問題(と応用問題)を網羅してる問題集でした.さらに2次試験対策としてやるべきは演習系の問題集です.

僕は「スタンダード数学演習」が学校で配られたのでそれをやってました.

他にも
・1対1対応の演習
・標準問題精講
・数学の良問プラチカ
・やさしい理系数学
など,たくさんあるので自分に合いそうなものを選んでやってみましょう.

 

青チャートの使い方まとめ

  • 間違えた問題をとにかく繰り返す
  • 特に例題と練習問題をやる(エクササイズはやらなくてOK)
  • 問題はレベル別にやり方を変える
    →基本問題:解法を覚える(考える時間は短め)
    →応用問題:方針を理解する(考える時間は長め)
3つの使い方
  • 基本,授業の進度に合わせて使う
  • 模試の前後に弱点克服のために使う
  • 演習系の問題で分からないことがあったときに基本を確認する

教科書,過去問以外でメインで使ったのが青チャートです.いくつも手を出すよりも一つの教材を繰り返すようにしましょう!

めっちゃおすすめの問題集なので,難関大の2次試験を受験する人でまだ持っていないなら,今すぐポチってしまいましょう!

本記事があなたが勉強する参考になればとてもうれしいです.良ければtwitterフォローしてください.更新したらこちらでつぶやきます!シェアしていただけると,泣いて喜びます(´;ω;`)