東大生の頭の中をさらすブログ

【現役東大生ブロガー】 公立の小中高→予備校に通わず東大合格→大学では家庭教師として計8人を指導しつつ、海外インターンなどに挑戦 / 学生、子持ちの親、勉強のやり方を見直したい社会人の味方 / おすすめ勉強法を超具体的に発信中

ブログタイトル

「お金を稼ぐ=汚い」って考え方はヤバイ!学校でお金の授業がない本当の理由

f:id:toudain:20181114012316j:plain

日本では「お金を稼ぐことは汚い,卑しい」という考えがまん延していて,学校でもお金の知識はろくに教わりません.

「お金は生活に直結する大切なものなのに,なんでだろう」と疑問に思いませんか?

結論から言うと,お金を搾取する一部の人間にとって都合が良いからです.この記事では

・お金の知識を学校で教えない本当の理由
・お金を稼ぐ=人の役に立つ

ということについて,具体例を交えながら,簡単にお話しします.

読めば,世の中の仕組みが見えてくるはずです.「お金=汚い」という価値観をぶっ壊しましょう.

 

「お金は汚いもの」という学校教育

日本では,お金の知識を学校でまったく教えません.大人は「お金が生活するうえで切っても切り離せない大事なもの」だと知っているのにです.

学校にお金を持っていくのはもちろんだめだし,学校で商売をするなんてもってのほか.

お金のことよりも,ボランティアで無償で働くことの意義を学ぼうといった風潮もあります.(ボランティアを否定してるわけではありません.)

そもそも大人でさえ,お金の話をしていると
・卑しい
・汚いものだ
という印象を持つ人が多いです.

そして,お金持ちは妬みの対象になりやすい.お金持ちと聞くと,「どうせ性格は良くないんでしょ.何であいつばっかり.」となりがちです.

ドラえもんのスネオも性格が悪いやつのように描かれてますね.

誰にとっても大事なはずのお金を大人は子供から遠ざけようとしているんだ.

お金の知識を学校で教えない理由

なぜ,これほどまでに学校ではお金の教育はされず,世間ではお金は汚いものとされるのでしょうか?

それは,その方がお金を搾取する一部の人間にとっては都合が良いからです.

  • 福利の怖さを知らない若者が借金をする
  • 「奨学金=借金」だと知らない学生が苦しむ
  • 不動産の知識がない会社員がローンを組む
  • 税金の知識がない人間が損をする
  • 金融の知識がない高齢者が銀行に勧められた資産運用で損をする

このように,庶民から搾取するのは極悪人ではなく,
・国
・銀行
など,世間に信用されている機関の場合がほとんどです.

お金について学ぼうとしない人は一生お金に縛られて生きることになります.

お金を稼ぐ=人の役に立つ

まず,「お金を稼ぐ=汚い」という価値観をぶっ壊してください.

おそらく多くの人がそう思ってしまうのは「誰かが稼ぐということは誰かが損をする」という間違った認識があるからではないでしょうか.

これは世の中のお金(資産)の合計は変わらないという間違った考えから生まれるものです.実際には,世の中の資産は増え続けます.

例えば,こんな話があります.

ある村に花子さん,太郎くんがいました.家が欲しい花子さんは大工である太郎くんに頼んで100万円の家を建ててもらいました.

太郎くんは家を建てることで100万円稼いだことになります.花子さんは損をしたかというとそんなことはありません.手元には100万円分の価値の家が残ります.

二人が持っている資産は元々は花子さんの100万円でしたが,今は太郎くんのおかげで200万円となったのです.

この例では,分かりやすく「家」としましたが,実際には
・体験
・サービス
など形に残らないものにお金を払うことも多いと思います.

アップル,アマゾンなど稼いでいる企業はそれだけ社会に貢献しているということです.

お金を稼ぐのは悪いことではなく
・人の役に立つ
・社会全体としての資産を増やす
ことだと覚えておいてください.

まとめ:お金の考え方

POINT
  • お金の知識を学校で教えないのは,お金を搾取する一部の人間(国も含む)にとって都合が良いから
  • お金について学ばない人間は損し続ける
  • お金を稼ぐ=×汚いこと
          人の役に立つこと
    →社会全体の資産は増え続けるから

当ブログでは
・損をしないためのお金の知識
・着実にお金を増やす方法
を書いていきます.

最後まで読んでいただき,ありがとうございました!更新情報はツイッターでつぶやくので良ければフォローしてください.シェアしていただけると,泣いて喜びます(´;ω;`)