東大生に質問,相談してみる

Day2【会員】【勉強の時給は3万円】東大に入って気づいた勉強する本当の理由

勉強の時給は3万円。

あえて勉強を時給で表現してみました。

というのも「今勉強するのは自分の人生にとってプラスでしかない」ということを実感してほしいからです。

前回、勉強法を学ぶことが重要で、今後成績を上げるためのノウハウをガッツリ解説していきますよという話をしました。

ただ、そもそも勉強する理由がはっきり分かっていない状態で、ノウハウを聞いても効果はないと思うんですよ。

そこで、今回は実体験に基づいた勉強のメリットを伝えて、勉強したくてしたくてたまらない状態になってもらいます!笑

正直勉強する理由がいまいち分からない人や、勉強のモチベを爆上げさせたい人はぜひ読んでみてください。

※自分なりに将来やりたいことが決まっていて、今の勉強はそれに直結してるんだっていう納得感が持てている人は特に読まなくても大丈夫です。

勉強の時給を算出してみる

勉強の時給は

勉強しないときの生涯賃金と勉強した時の生涯賃金の差額÷勉強時間

で計算できます。

今の日本って大学進学率が高く、おそらく僕が何も言わなくても、これを読んでいる方のほとんどはそこそこに受験勉強してレベルを問わずとりあえず大学進学はすると思うんですよ。

定員割れしている私立大学は46%あるので、選ばなければどこかの大学には絶対入れます。

なので、ここではものすごく一般化して、

  • そこそこ勉強して、普通の大学に行く場合
  • めちゃくちゃ勉強して、難関大学に行く場合

で比較してみましょう。

つまり、以下のように勉強の時給を計算してみます。

(難関大卒の生涯賃金-大卒の生涯賃金)÷(難関大学に受かる人の勉強時間)

それぞれ以下の値を代入してみましょう。

難関大卒の生涯賃金4億円 ※1
大卒の生涯賃金2.8億円 ※2
難関大に受かる人の勉強時間4000時間 ※3

※1,2 日刊SPAの記事を基にざっくり算出(参考:1位 東大4.6億円、10位 法政大学3.8億円)
※3 東進ハイスクールの調査参照

難関大卒と普通の大学卒で生涯賃金に1.2億円の差があり、そこに到達するためには4000時間の勉強が必要ということです。

1.2億円÷4000時間で、勉強の時給は3万円と計算できます。

比較対象を大卒と高卒にしても、生涯賃金に8000万円程度の差があり、目指す志望校のレベルに寄らず、勉強のコスパが馬鹿みたいに高いのは間違いないんです。

勉強すると生活がこんなに変わる

勉強の時給が3万円のからくりは分かったと思いますが、具体的にどんな風に生活が変わるか知りたいですよね?

マジで良いことだらけなので、いくつか例を出します。

勉強するとお金を理由にあきらめることが減る(人生の選択肢が増える)

海とランチ

欲望丸出しの話をします 笑

生涯賃金で1.2億円の差が出ると言いましたが、働いてから死ぬまでの約60年で割ると1年あたり200万円の差です。
1か月に直すと16万円ですよ…!

毎月使えるお金が16万円増えたら何に使いますか?

  • 海風が気持ち良いビーチに遊びに行く
  • 好きな時に焼肉を食べに行く
  • 趣味に思う存分お金をかけられる
  • ずっと欲しかった〇〇を買える

めちゃくちゃ楽しいですよ、マジで!!!

中高生のころはお金を理由にあきらめていたことを、かなり自由にできるようになります。

僕の場合、そこまで物欲はないので、あまり使ってないですが、家族とか友達と楽しい時間を過ごすために、お金のことをそこまで気にしなくて良くなったのは本当にありがたいです。

文字通り人生の幸福度が上がります。

一番うれしいのは、お金がないことによって生じる身近な人の不幸を防げるようになったことですね。
(よく言われますが、お金で幸せは買えないけど、お金で大抵の不幸は防ぐことができます。)

逆に、若いうちに勉強をしてこないと

  • 行きたいところがあっても高いから行けない
  • 食べたいものがあっても高いから食べられない
  • やりたいことがあっても高いからできない
  • 買いたいものがあっても高いから買えない
  • 身近な人がお金が原因で困っていても助けられない

と、お金を理由にあきらなければならないことが多くなります。

それってめちゃくちゃ悲しくないですか?

勉強しておくとお金の面でも、人生の選択肢が増えるってことを実感してくれたらうれしいです。

「お金の面で」といったのは、そもそもお金関係なく勉強すると人生の選択肢が増えるからです。

選択肢が増えるというより、それをするためのハードルが下がるという言い方が適切かもしれません。

  • 英語を勉強しておけば世界を旅しながら仕事をするハードルが下がる。
  • 数学や理科を勉強しておけば、技術者になるハードルが下がる。
  • 社会を勉強しておけば記者になるハードルが下がる。

ここで上げた選択肢はあくまで1例で、この1万倍以上の生き方があります。

勉強をしておかないと、将来「こんな生き方してみたい!」という職業に出会ったときに「そもそも資格がない」とか「勉強不足を埋めるために新しく勉強する暇がない」とかで、その生き方をするためのハードルがものすごく高くなります

結果としてやりたいことが合ってもあきらめざるを得ない人生になりやすいです。

自分の好きな生き方をするために、勉強はしておいた方が良いですよ

勉強すると人間関係が超楽になる

勉強して、ある程度レベルの高い環境に身を置くと、誰かをバカにしたりいじめたりする人がいなくなります。
みんな勉強とか趣味とか自分のために時間を使うので、他人をいじめることに時間を使う余裕がないからです。

僕は地元の公立中学から進学校の高校に入学した時に、めちゃくちゃそれを感じました。

中学の時は、誰かをいじめたり、バカにしたりする人が普通にいたんですが、高校、大学ではほとんどいなくなったんですよね。

そういう人と関わらないようになるだけで、余計なストレスなく生活できるようになります。

勉強のメリットって山ほどあるのですが、その中でもわかりやすく実生活に直結する部分を二つ紹介させていただきました!

これって、限られた一部の人が実現できるわけじゃなくて、行動すれば誰にでも可能性はあります。
(生涯賃金の所は僕の経験談とかじゃなくて統計的に比較してますからね)

でも、このマガジンの読者も大半が読んで満足してしまって、行動に移せるのはごく一部だと思います。

とにかく、今後も色々なアドバイスをするので、即行動してみてください。

自分のために勉強してもいい!

上の話を聞いたら、今すぐ勉強したくなりませんか?

「勉強するのは社会に貢献するためだ」とか大きな話になりがちなんですけど、自分の周りの小さなことに目を向けたって良いと思うんですよ。

参考までに、僕が今もいろいろと勉強して、東大自習室含め教育活動を頑張っているのは、

  • 世の中の教育格差を限りなくゼロにしたいという想いもあれば
  • 自分含め家族や僕と関わっている身近な人が幸せに暮らせるようにしたいという想いもあるからです。

完全に社会のために勉強する必要もなければ、完全に自分だけのために勉強する必要もありません。

勉強して自分が世の中に提供できる価値を上げておくことは社会にとっても自分にとっても素晴らしいことなんだということ伝えたいです。

ちなみに上で挙げた僕と関わっている身近な人の中には東大自習室の会員も含まれます。

勉強を通して幸せな人生を送れると確信しているし、その手助けをしたいと本気で思っています。

そのために伝えられることは全て伝えます!

勉強すると生涯賃金に1億以上の差が生まれる理由

なんで高校までの勉強を頑張ったかどうかで、1億円以上も生涯賃金に差が生じるか分かりますか?

「大企業に入りやすくなるから」というのももちろんあるんですが、それ以上に僕が実感してるのが「すごい人と友達になれるから」です。

なんかアホっぽいですね笑

ただまじめな話、僕は東大に入って、本当にいろんなすごい人たちと知り合ってきました。

  • 東大生やりながら社長もやって、20冊以上の本を出版している人とか
  • ドラゴン桜の監修をしている人とか
  • 250億円規模の投資ファンドで働く人とか
  • インドの大学で飛び級して、東大に留学しに来た人とか
  • 登録者8万人のYoutuberとか(東大自習室公式パートナーのみおりんさんです)
  • 20万人フォロワーがいる東大生tiktokerとか

こういう人達って、僕が東大に入っていなかったらたぶん出会ってなかっただろうなっていう人たちです。

別に打算的に友達になるってわけじゃないんですけど、振り返ってみるとこういう人達と気軽に連絡が取れる関係ってめちゃくちゃすごいことなんですよね。

例えば、Youtubeを本格的に始めようと思ったら、既に登録者が何万人もいるような人たちにアドバイスもらうこともできるし、本を出そうと思ったら、既に20冊以上出してる東大生に話を聞くこともできます。

他にも何かしら特技とかすごい経験を持っている人が多いので、いろんな場面で助けてくれるんですよ。

で、いろんな人の話を聞く限り、周りにこういうすごい人がいる確率って、割と大学の学力レベルに比例するんですよね。
(もちろん偏差値の低い大学にもすごい人はいるけど、今は確率的な話をしてます!)

だから、勉強してすごい人がたくさんいる環境に飛び込むのは、自分の人生にめちゃめちゃプラスに作用するってのはぜひ覚えておいてほしいです。

ちなみに、これは東大とか京大限定だと思うんですが、何かをやりたいときにとりあえず大人が話を聞いてくれるってのも、かなりデカいです。

東大自習室を立ち上げて運営していく過程で、いろんな人たちと関わる機会があるのですが、とりあえず僕の話を聞いてくれるので、すごくやりやすいなぁと感じました。

この話をあなたが聞いてくれているのも、僕が東大に合格したという実績があるからですもんね笑

そのくらい今の日本では、東大が持つ力は大きいです。

これまでずっと大学受験を前提に、レベルの高い環境に行くとすごい人と友達になれるし、圧倒的にプラスだよと話してきましたが、高校受験でも同じです。

僕は埼玉県立浦和高校という進学校出身です。

進学校の進学実績がすごいのは、もちろん先生の授業が素晴らしいとかもありますが、一番大きいのは周りの環境だと感じています。

クラスで東大を目指す人が当たり前に10人以上いたりするんです。

部活で全然勉強してなさそうだった先輩もしっかり結果は残していくので、あんな人でも東大行けるなら僕も行けるんじゃないかと、東大合格が夢の話ではなく現実のものとして考えられるようになりました。

レベルの高い高校に行くと、勉強や各種活動を頑張るという雰囲気があるので、自然と自分も成長できます。

とにかく、勉強してレベルの高い環境に飛び込むのはプラスでしかないというのは知っておいてください。

納得感を持って勉強しよう

勉強して良い大学に入れば、良い会社(大企業)に入れるんだぞ!

って大人はよく言いますが、それは勉強の一つの側面でしかないんです。

別にいわゆる大企業に入らなくても、勉強して世の中に提供できる価値を高めておけば、何とでもなります。

現に僕は大企業を辞めて起業してるし、周りにそういう友達も多いです。

なぜ勉強に時給が3万円レベルの価値があるかを言語化すると以下の通りです。

  • 勉強を頑張った人は頑張り方を知っているので、他のことも頑張れるという保証になる
  • 勉強で身に着けた思考力が別のことにも活きる
  • 受験勉強を頑張って、レベルの高い環境に飛び込むとより成長できる
  • 優秀な友達ができて何かと助けてくれる
  • 大企業に就職しやすい(これは一つの側面でしかない)

勉強には、より幸せな人生を生きるためのいろんなメリットがあって、めちゃくちゃコスパが良いんだよってことを理解してもらえたらうれしいです。

そういう納得感を持った上で勉強すれば、成績も伸びやすいと思います。

ここでいう勉強って何も「学校の勉強」だけじゃないです。

自分の価値を上げるもであれば(芸術でもエンタメでもスポーツでも)何でも大丈夫。

若いうちって何が自分の価値になるかも分からないと思うので、とにかく打ち込めるものにはお多少金をかけてでも挑戦しておいた方が結果的に得することが多いです。

どんな分野でも上位1%レベルになっておけば、必ず需要が生まれるからです。

その中でも「勉強」のコスパはめっちゃ高いので挑戦する価値はありますよ!

勉強ってゲームと同じじゃん

  • 勉強って時給3万円レベルの価値がある
  • 勉強してすごい人がいる環境に飛び込むことは自分にとってもプラス

こういう話を僕は、中学生、高校生の時に誰からも聞かなかったんですよね…

だから、何のために勉強するかというのははっきりとは分かっていなくて、やればやるだけ結果が出るゲーム感覚で勉強していました。

攻略法が存在して、やればやるだけレベルが上がっていくという点では、勉強ってゲームと同じだなと。

ちゃんと頑張ったら結果が出るので楽しかったですね。

でも結果が出なかったら、めちゃくちゃつまらないと思います。

  • ルール説明もされずゲームスタート
  • レベル上げのために何をすればよいか分からない

ほとんどの人がこんな状態だと思うんです。

なので、今後このマガジンでは勉強というゲームの攻略法を徹底的に解説していこうと思います。

その準備段階として、今回は勉強というゲームをやり込むことがいかに自分にとってもプラスになるかというお話しをしました。

おまけ:自分への投資は惜しむな

投資って言ったら、株式投資みたいに他人(の会社)への投資を思い浮かべる人が多いんですが、特に若いうちは自分に投資するのが一番です。

さっきも話しましたが、中学高校で勉強をめちゃくちゃ頑張ると1億円以上の生涯賃金の差があるんですよ。

例えば、志望校に受かるために東大自習室などの塾代に100万円かけたとしても全然プラスになります。

なんと、100倍のリターン。

一方で、株式投資で100倍のリターンを出すって、めっちゃくちゃ難しいです。
うまくいって年間1.1倍(100万円投資したら110万円になる)とかそんなもん。

自分の価値を向上させること(勉強)への投資はめちゃくちゃコスパが良いので、何よりも優先させることをお勧めします。

そういう意味で言うと、お年玉は貯金せずにどんどん自分への投資として使っちゃった方が良いですよ。

今100万円を貯金していても20年後には同じ100万円ですが、自分への投資として使えば将来1億円とかになって返ってきます。

ちなみに、若いうちこそ自分に投資するのが良い理由は、今が一番人生の残り時間が長いからです。

例えば、寿命が80歳として、70歳の時に英語をマスターしても使えるのは10年間しかありませんが、20歳で英語をある程度使えるようになっておけば、その後60年間も英語を使って活躍の幅が広がります。

つまり回収期間が長い若いうちに、なるべく自分に投資して価値を高めておくのが鉄則です。

まとめと学習アドバイス

今日のまとめ
  • 勉強の時給は3万円
  • 勉強すればすごい人と友達になれる
  • 勉強はゲームと同じで攻略法がある
  • 要は、勉強ってコスパ高すぎ
  • 特に若いうちの勉強への投資は惜しむな

嫌々勉強するんじゃなくて、自分が幸せになるための手段として納得感を持って勉強してもらえたらうれしいです。

うっちー

うっちー

必要となる勉強のやり方は、次回以降のマガジンでじっくり解説していくので、必ず読んでください!

今回の話は将来やりたいことがない人にも勉強の理由が伝わるようにかなり一般化しています。

やりたいことが決まっているのなら、そこから逆算して勉強する理由が決まってくるので、東大自習室会員にはそれぞれの進路相談から、今の勉強が将来にどう繋がるかを伝えています。

まずはメンターに相談してみて、解決しなかったら僕に相談してください!

最後に、ちょっとした占いと学習診断を用意しました!

ここでの回答を基に個別の学習アドバイスが届くので、必ず回答してください!

\10秒でできる!/

今後、記事を最後までしっかり読んでくれる本気の人にだけ情報を届けたいので、回答がないと配信を止める可能性があります。