東大生に質問,相談してみる

勉強計画の立て方保存版!東大生が徹底解説【計画表テンプレート付き】

9 min 29,487 views
勉強計画表テンプレート
オンライン学習サービス作ったよ
previous arrow
next arrow
Slider
  • あなた専用学習プラン
  • 東大生に24時間質問し放題
  • 確実に継続できる学習サポート
  • みんなで学ぶ学習コミュニティ

\今だけ無料体験あり/

1000円相当の電子書籍プレゼント中

勉強計画の立て方が分からない。
計画立てても続かない…

うっちー

うっちー

そんなお悩みを持つ学生に向けて、東大に現役合格した経験から「結果に繋がる勉強計画の立て方」を解説します。

いきなり、計画表にやりたいことを書きこんでいませんか?

実は多くの中高生が実践しているこのような勉強計画の立て方は間違っています。
(計画表に書き込む前に必ずやるべきことがあるんです…!)

この記事の目的は、なんとなくきれいな勉強計画表を作ることではなく、確実に志望校に合格するための戦略と学習プランを立案するノウハウを提供することです。

読み応えがあると思いますが、ぜひ最後までついてきてください。

この記事でわかること
  • 勉強計画の立て方7STEP
  • 受験戦略の考え方と具体例
  • 勉強計画を立てるコツ3選
  • 勉強計画表オリジナルテンプレート

いますぐ計画表テンプレが欲しい方は、ラインで友達追加して「勉強計画表」と打ち込んでください。
(僕から個別アドバイスが届く勉強法マスター講座も作成中です。)

\登録者3000人越え/

特典配布は今だけ!

勉強計画の立て方7STEP

  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定

いきなり⑤⑥⑦から入る人がいますが、まずは①~④の志望校分析と戦略立案が重要となります。

というより、そっちがメインと言っても過言ではないのですが、学校では全く教えてくれないんですよね。

この記事では、僕の事例を基にガッツリ分析&戦略立案部分を示しているので、ぜひ参考にしてください。

高校生向けに話しますが、中学生もやることは同じなので、志望大学を志望高校に置き換えて読んでください。

STEP1:志望校決定

まずはここから。

最終的なゴールが決まってないと計画も立てられません。

まだ志望校迷ってるんだけど,どうすればいいかな?

うっちー

うっちー

志望校が決まっていない人はオープンキャンパスや文化祭などに行ってみるのがオススメ!

大学の雰囲気も分かるし、何よりモチベが高まります。

志望校設定のコツ

明確に志望校が決まっていなければ、3年生の春、夏くらいまではレベルが少し高めで使う科目が多い大学を志望校にしておきましょう。

5科目、偏差値70の国立大学
→3科目、偏差値60の私立大学

に変更はできるけど、その逆は難しいからです。

入試本番まで時間がない場合は、科目数が少ない大学に絞って集中突破する戦略もあり。

STEP2:志望校の入試情報調査&分析

勉強計画の立て方7STEP
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案(今ココ)
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定

次に、入試基本情報を調査して分析しましょう。

この分析作業をやっていない人が大半なので、これをやるだけで、正直かなりリードできます。

調査ポイント
  • 各科目の配点
  • 共通テストと2次の配分
  • 最低合格点、合格者平均点
  • 共通テストの足きり点数
  • 特徴的な問題形式はあるか
  • 頻出の分野はあるか

これらの観点から,科目別に調べてまとめていきます。

調べ方としては、ネットで「○○大学 入試 特徴」のように調べるとまとめサイトが出てくることが多いです。

最新の1次情報(大学公式サイト)を見るのが一番確実です。

調査例:東大理1の場合

僕が東大理1なので、調査の一例としてまとめてみます。

考え方はどの大学でも同じなので、マネしてみましょう。

ここから本格的な分析作業に入ります。
数字がたくさん出てきて、難しく感じるかもしれませんが、本気で志望校に合格したければついてきてください!

各科目の配点、共通テストと2次試験の配分を調べる
共通テスト※2次試験合計
英語24(200)120144
数学24(200)120144
国語24(200)80104
理科24(200)120144
社会12(100)12
合計110(900)440550

※東大では共通テスト900点が110点に圧縮される。圧縮前の点数を()表記で、2次試験換算分を太字で示した。 

「共通テスト:2次試験=1:4」で、2次試験の配点が高く、共通テストより4倍重要だと言えます。

このことから以下のような戦略が有効だと分かります。

戦略
  • 2次試験に向けた勉強をする中で共通テストでも得点できる基礎力を身に着ける。
  • 共通テストは入試直前数週間で形式に慣れるための過去問演習をすればよい。

次に、2次試験と共通テストを合計した科目別の配点は以下の通りです。

英語、数学、理科(各144点)>国語(104点)>>社会(12点)

これがそのまま重要度を表しています。

つまり、「英語」「数学」「理科」は「国語」の1.4倍、「社会」の12倍重要だということです。

このことから、以下の戦略が考えられます。

戦略
  • 最も重要な「英語」「数学」「理科」に力を入れる。
  • 特に積み重ねが重要な「英語」と「数学」を早めに仕上げる。
  • 「国語」はある程度点が取れていればほどほどで良い。
  • 「社会」は共通テスト前に一気に仕上げるくらいで大丈夫。

ほとんどの受験生は自分の志望校の科目の重要度をここまで定量的に分析できていないのではないでしょうか?

  • なんとなく5教科勉強している人
  • 重要度を意識して「英語」「数学」「理科」をガッツリ勉強している人

どちらが受かりやすいかは明らかですね。

これと全く同じことを自分の志望校でもやってみてください!

東大の理系の場合以下の通り

  • 理科は「物理」「化学」「生物」「地学」から2科目
  • 社会は「世界史」「日本史」「地理」「倫理政治経済」から1科目

基本的に得意な科目を選べばOKです。
「○○大学 科目 選び方」とかで調べれば情報が見つかります。

合格者最低点、合格者平均点を調べる

2021年度東大理1の情報はこの通りです。

合格者最低点合格者平均点
共通テスト699
(足きり)
789
合計333360

東大の場合、共通テストで大事なのは足切りで、ここを突破していればどうせ圧縮されるので、2次試験ができるかどうかで合否が決まります。

共通テストがある大学はまずは足きりを確認しましょう。

次に、2次試験での目標点数を決定します。

ざっくり共通テストで750点程度取るとすると、2次試験では最低241点取る必要があります。

2次試験での最低目標=合格者最低点ー共通テスト×圧縮率=333-750×0.122=241

合格者平均くらいの余裕(27点分)をもって合格するには、2次試験で268点必要です。

ざっくり270点を目標点数としましょう。

ここに余裕を持たせられるかは現在の学力と残り時間次第です。
ギリギリの人(模試でE判定の人)は合格最低点+数点(約250点)で滑り込み合格を狙うのが現実的になります。

後は、どのように得点していくかを科目別に目標設定します。

例えばこんな感じです。

科目目標点数
英語80/120
数学75/120
国語40/80
理科75/120
合計270/440

苦手科目や得意科目があれば、調整してください。

戦略

国語(特に現代文)や数学は問題との相性で点数が変動しやすいので、安定しやすい英語や理科で余裕を持った想定をする。

上の例だと、英語や理科で想定通りなら、仮に数学と国語で失敗して、想定より25点低くても、ギリギリ受かる。

特徴的な問題形式、頻出分野を調べる

例えば東大の場合はこんな感じです。

  • 英語は必ず要約が出る
  • 数学は確率漸化式が頻出

(他にもたくさんあるけど、例として2つ示しました)

こういう情報は、「○○大学 英語 傾向」「○○大学 数学 頻出分野」とかでググると出てきます。

戦略

頻出分野を特に重点的に勉強する。

以上、東大理1を例にして分析してみました!

考え方は同じなので、以下の調査ポイントを参考に自分の志望校の場合どうなるかをぜひ調べてみてください。

調査ポイント
  • 各科目の配点
  • 共通テストと2次の配分
  • 最低合格点、合格者平均点
  • 共通テストの足きり点数
  • 特徴的な問題形式はあるか
  • 頻出の分野はあるか

STEP3:実力と目標点数とのギャップからやるべき勉強を洗い出す

勉強計画の立て方7STEP
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す今ココ
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定

目標設定の次は、自分の実力と目標点数とのギャップを理解して、最終目標までの道のりを逆算することが重要です。

自分の実力は、過去問を解いてみれば明らかになります。

ほとんどの方は、STEP2で設定した目標点数には届いていないと思います。

  • 各科目何点届いていませんでしたか?
  • 何をすればその差は埋まりますか?

まずはここを徹底的に考えることが大事です。

例えばこんな感じ↓

現状と目標のギャップ
  • 数学は目標点数まで30点足りていない。
  • 特に頻出分野の確率漸化式、求積問題で得点できていない。
  • 教科書レベルの基礎はできているが、入試問題が解けない。
やるべきこと
  • 「1対1対応」で特に苦手分野の典型問題を解けるように。
  • 「新数学スタンダード演習」で入試レベルの問題を解けるように
  • 「過去問」で本格的な添削指導

これを全科目で洗い出してください。

志望校のレベル別に「いつまでにこのレベルの問題集をやっておいた方がいい」というのは、ある程度決まっているので、ぜひ調べてみましょう。

基本的にどの教科も以下の王道ルートがあります。

教科書レベル問題集

入試典型レベル問題集

過去問

数学や英語に関しては,レベル別に必要な問題集はまとめています↓

STEP4:年間計画を作成

勉強計画の立て方7STEP
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定(今ココ)
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定

やるべき勉強が全て洗い出せたら、得点の伸ばしやすさや重要度などを考慮してその時期ごとの優先順位を決めましょう

(人によって違うので、サポートが必要だったらご連絡ください!)

例えば、東大理1を目指す場合、こんな感じです。

勉強計画表テンプレート

数学はさっき示した3つの教材が盛り込まれていますね。

ここで全科目は解説しきれませんが、公式LINEで配信予定の勉強法マスター講座の中で詳しく解説していきます。

受講する中で、僕から個別アドバイスが届くようになっています。(まだ作成中ですが)

この勉強計画表テンプレートも無料配布しているので、ぜひ登録してみてください。

\登録者3000人越え/

特典配布は今だけ!

上の年間計画さえ、正しい戦略に基づいて決めちゃえば、後は流れ作業です。

戦略がマジで大事なので、STEP2,3,4(調査、分析、戦略立案、年間の学習プランニング)をしっかりやってください。

可能なら一人ではなく、信頼できる第3者からフィードバックをもらった方が良いです。
(僕はフィードバックをもらわずに大失敗しました)

STEP5:月単位でやるべきことを決定

勉強計画の立て方7STEP
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定(今ココ)
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定

年間計画の次は、それを月単位に落とし込んでいきましょう。

入試本番までに、この問題集は3周はしたいから、9月までには1周目は終わらよう。

といった感じ。

これを科目別、分野別にやっていきましょう。

STEP6:週単位のノルマを決定

勉強計画の立て方7STEP
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定今ココ
  7. 一日当たりのノルマを決定

ひと月あたりにやることべき事が決まったら、次は週当たりにやるノルマを決めましょう。

例えば2か月で400ページの英単語帳1周したいなら、1週間当たり50ページです。(400P÷8週)

ぶっちゃけ、普段の勉強で意識するのはこの週当たりノルマくらいだと思います。

普段から長期的な戦略ばっか意識してらんないですもんね笑
その分、早めに一度でも長期的な計画を立てることが大事です。

STEP7:一日単位のノルマを決定

勉強計画の立て方7STEP
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定今ココ

正直、ここは決めたい人だけ決めればよいです。(僕は決めてませんでした)

1週間単位で調整していけば大きな間違いは起きないからです。

1日単位でノルマをガチガチに決めちゃうと、日々の勉強をフレキシブルにできなくなって、マイナスに作用する人もいるので、自分の性格次第なところもあります。

もしやるのであれば、週当たりのノルマを単純に7で割ると失敗しがちなので注意です。

余裕を持たせて6で割るくらいにして、残り1日は調整に使いましょう。

上の例で言うと、1週間で50ページなので、1日当たり8ページくらい。

以上、STEP5,6,7をまとめるとこんな感じ↓

勉強計画表テンプレート

書き込む前の勉強計画表テンプレートはここから受け取れます!

\登録者3000人越え/

特典配布は今だけ!

勉強計画の立て方のコツ|計画崩れしないために

余裕を持った計画を

計画はズレ込むものです。

計画通りいかない人はギチギチに予定を詰めていることが多い気がします。

さっきも言いましたが、1週間のうち1日は調整日として1日当たりのノルマを決めると、計画倒れになりません。

計画はたまに修正する

計画通り行かなくて当たり前。

1か月に1度くらい年間計画を見直しましょう。

  • 勉強していくうちに、もっと力を入れるべき分野が見えてきた
  • 思った以上に問題集を解くのに時間がかかった

などなど、やっていくうちに分かることってありますよね?

1か月前の自分と今の自分は違います。
フレキシブルに計画は調整しましょう。

勉強時間ではなく、勉強量を基準に

ここまで「一日何時間」するかという話はしてないですよね?

  • 何をやるか
  • いつまでにやるか
  • そのために1日何ページやるか

このように「勉強量」を基準に話してきました。

これには明確な理由があって、勉強時間で計画を立てても「勉強した気になって終わり」だからです。

必ず「勉強量」で考えるようにしましょう。

勉強計画の立て方のコツまとめ
  • 余裕を持った計画を
  • 計画はたまに修正する
  • 勉強時間ではなく勉強量を基準に

勉強計画表テンプレート配布

勉強計画表テンプレート
勉強計画表テンプレート

こちら書き込む前の計画表テンプレートが欲しい方は以下のLINEから受け取ってください。

個別の学習アドバイスが届く勉強法マスター講座も作成中です。

\登録者3000人越え/

特典配布は今だけ!

勉強計画の立て方まとめ
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定

いきなり、⑤~⑦の計画表に書き込むのではなく、必ず①~④(入試情報の分析から戦略立案、やるべき勉強の洗い出し、年間計画作成)というステップを踏みましょう。

これをやれば合格率が確実に上がります。

おまけ:間違った勉強計画で受験に落ちた話

実は僕、東大の後期は受かったけど、前期試験は落ちてるんです。

落ちた原因
  • 数学と理科で自分に最適な問題集を把握していなかった
  • 科目ごとの勉強量配分をミスった(点数配分が低い国語や社会に時間をかけすぎて、配分が高い数学、理科の演習量が不足した)

※詳しくはLINEの勉強法マスター講座の中でお話ししてます。

今振り返ってみると、いろんな反省があるのですが、当時は誰からもアドバイスをもらっていなかったので、気づかなかったんです。

つまり、「自分では正しいと思っているが、実は間違っている戦略、勉強計画」に基づいて目の前の勉強をこなしていました。

失敗の根本にあるのは、学習戦略に関するフィードバックをもらわなかったことです。

「国語はそこまで力を入れなくて大丈夫だよ」
「今の君の計画だと理系科目が合格レベルまで上がらないよ」
「その問題集よりもこっちを使った方が良いよ」

当時、こういうフィードバックをもらっていれば、落ちることは無かったはずなんです。

僕みたいな失敗を経験してほしくないので、これを読んでいるあなたは、ぜひ信頼できる第3者から学習戦略のフィードバックをもらってください。

全体像を知らずに、間違った勉強計画で進んでしまうと、せっかくの努力が結果に繋がらないこともあります。

これも含めると勉強計画の立て方はこのようになります。

勉強計画の立て方【完全版】
  1. 志望校決定
  2. 入試情報調査&分析&戦略立案
  3. 実力と目標点数とのギャップからやるべきことを洗い出す
  4. 年間の勉強計画を決定
  5. 月にやるべきことを決定
  6. 一週当たりのノルマを決定
  7. 一日当たりのノルマを決定
  8. プロからフィードバックをもらう

東大自習室では、受験のプロである東大生があなた専用の勉強計画を提案しているので、ぜひ活用してください。

\今だけ無料体験あり/

1000円相当の電子書籍プレゼント中

うっちー

うっちー

東大生の頭の中を発信する人

予備校に通わずに現役で東大合格
→「正しい情報」と「疑問をすぐに解決できる環境」さえあれば,誰でも成績が伸びることを確信
→全国の中高生に東大生の知見を届けるべく,オンライン学習コミュニティ「東大自習室」をリリース↓

FOLLOW

受験に向けて何をやるべきか分からない...
頑張っているのに結果が出ない...
1人だと勉強が続かない...

そんなお悩みをお持ちの中高生に向けて、【東大生による完全個別指導】×【学習コミュニティ】という全く新しいオンライン学習サービスを立ち上げました!

東大自習室とは
  • 東大生があなた専用学習プランを作成
  • 東大生に24時間質問し放題
  • 確実に継続できる声掛けサポート
  • 仲間の様子が分かる学習コミュニティ
編集長うっちー

編集長うっちー

僕が東大に現役合格した環境を完全再現しました!

今だけ限定プレゼント

\今だけ無料体験あり/

1000円相当の電子書籍プレゼント中

オリジナル勉強計画表プレゼント中
  • 僕が実践していた勉強計画ロードマップ
  • 書き込み式の計画表テンプレート

を「東大生の頭の中」を読んでくれた方限定で無料配布しています!

計画表の詳しい使い方はこの記事で解説してます↓
【保存版】勉強計画の立て方

知りたい情報はどれ?

関連記事