東大生の頭の中をさらすブログ

現役東大生がオススメ勉強法を発信

ブログタイトル

【英語長文問題集】おすすめ参考書の使い方を東大生が徹底解説!

f:id:toudain:20180824115012p:plain

英語長文でおすすめの問題集って何?

現役東大生がズバリ答えます.

長文を得意にしたい人に向けて,僕が実際に使っていた問題集(難しいわけじゃないよ笑)とおすすめ勉強法をまとめます.

ここに書いてあることを実践して,センター英語では満点,東大2次試験では70点以上取ることができました.

記事を読んでわかること・東大生おすすめ英語長文問題集
・使いこなすために意識すべきポイント
・劇的に成績が上がる英語長文勉強法

読んで実践すれば,英語長文がめっちゃ得意になりますよ!最後までじっくり読んでください. 

 

英語長文を得意にするために

多くの人が勘違いしやすいのですが,英語長文が苦手な人が長文読解の問題集をいくらやったところで大して成績は上がりません

なぜなら,長文読解には以下の3つの力が必要となるからです.

POINT
  1. 文法,単語といった基礎力
  2. 複雑な文構造を把握する力
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力

1,2の対策を疎かにして,3の練習ばかりする人が多すぎます.「単語,文法は分かるのに,複雑な文章が分からない」っていう人は2の英文解釈力が不足していることが多いです.

長文を読みまくるだけじゃダメなんだね.

そのとおり,順番を間違えちゃだめだよ.

次の章から,それぞれの目的に合わせた問題集を紹介します.自分に不足している知識は何か考えながら読み進めてください.

多くの人が想像するいわゆる長文問題集は最後の方にあります.(ここまで読んだ人なら,重要なのはその前段階だということが分かると思うけど)

英語長文への道1:基礎固めのための問題集

長文読解に必要な力
  1. 文法,単語といった基礎力(今ココ)
  2. 複雑な文構造を把握する力
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力

長文問題では正確に速く内容を把握する必要があります.速く読めても正確な内容を理解できなければ意味がありません.

正確な内容理解のためには,単語,イディオム,文法,構文などの基礎力をつけるのが一番の近道

実際に僕が使っていた
・単語帳
・文法書
・文法語法問題集
・構文問題集
を紹介します.

どれも本当におすすめ.詳しい使い方はこちらの記事で解説してます.(記事最後にも載せるよ)

 

英語長文への道2:構文理解のための問題集

単語や文法はある程度分かっているのに,複雑な文が読めない人が一番やるべき分野.長文が苦手な人はほとんど当てはまると思います.

長文読解に必要な力
  1. 文法,単語といった基礎力
  2. 複雑な文構造を把握する力(今ここ)
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力

英語の構文150

この本には基本的な構文が150個載っています.それぞれに詳しい解説と練習問題付き.良く出てくる構文を覚えることで,長文問題での読解力が劇的に上がります

使い方

基本例文をひたすら
・書いて
・音読して
覚える.

音読がめっちゃ有効です.発音した声を自分で聞くことができるからです.英語ではこのように,目で,口で,耳で,手で覚えていくことが大事.

最終的には,日本語を見て英作出来るようにしましょう.基本例文の英作と並行して,練習問題を解くことで知識を定着させます.

で,一番大事なことは
・書けなかった基本例文
・できなかった練習問題
繰り返すことです.

この問題集に限らず,勉強が得意な人は必ず2周以上繰り返しています.

実際に僕が使った時期

高1(本格的な長文読解の前)

対応レベル

基礎レベル.
「単語,文法→構文→英文解釈→長文」の流れの中で,避けては通れないので全員がやるべき.

英語長文への道3:英文解釈のための問題集

文法,単語,基本レベルの構文は分かったけど,複雑で難解な英文が読めないという人向け.

長文読解に必要な力
  1. 文法,単語といった基礎力
  2. 複雑な文構造を把握する力(今ここ)
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力(今ここ)

基礎英文問題精巧

f:id:toudain:20180821185652j:plain

構文編と文脈編があるので,文脈だけでなく,難しめの構文も学べます.上で挙げた「基本例文150」の次にやるべき問題集といった感じ.

単語は分かるけど,訳すとなると難しい文章を多数扱っているので,和訳問題に強くなるし,正確な読解力も付きます.かなりおすすめ.

詳しい使い方はこちらにまとめました.以下,ざっくりまとめます.

使い方

文章全体を読んで下線が引いてある文を和訳します.頭の中で和訳するのではなく,実際に書くことが大事です.

答え合わせは正確に行いましょう.大体の意味が合っていればOKではダメです.

ノートに英文を書いて
・正確に訳せなかった部分
・構造が分からなかった部分
の解説を書きます.

このとき,単語の意味だけでなく,関係代名詞,接続詞等を意識して
・接続関係
・修飾関係
を明らかにします.

単語の意味が分かっても,文の意味が取れない人はこの辺の文構造の理解が曖昧になっていることが多いです.

また,知らない表現が出てきたら,ノートにメモしておきましょう.

最後に英文の意味や構成を完璧に理解したうえで,意味を考えながら音読します.この繰り返しで日本語を挟まなくても英語のまま理解できるようになります.

当然ですが,できなかった問題はくりかえしやります.

実際に僕が使った時期

高3春~9月ごろ(2次試験の基礎力を付ける)

対応レベル

2次試験レベルまで対応.基本的な文法の学習を終えてからやると良いです.長文を得意にしたい方はぜひやりましょう.

英語長文への道4:問題演習

長文読解に必要な力
  1. 文法,単語といった基礎力
  2. 複雑な文構造を把握する力
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力(今ここ)

単語や文法,英文解釈の技術が身についてきたら,問題演習を数多くこなしましょう.ようやく,みんながイメージする長文問題集までたどり着きました.おすすめは下記の問題集です.

やっておきたい英語長文シリーズ

特徴

  • 300語,500語,700語,1000語と4シリーズ
  • 要約がついているので要約の練習もできる
  • 解説では1段落ずつ和訳と単語解説があるので,確認がしやすい

使い方

まずは自分に合ったシリーズを選びましょう.最初は500語をおすすめします.解く際は時間を意識してやりましょう.

大事なのは解いた後です.答え合わせをして終わりではもったいないです.以下の2つを実践してください.

間違えた問題ではなぜ間違えたか徹底的に分析する
・単語を知らなかった
 →単語帳(Duo)を確認する.載っていなかったら自作の単語ノートに記録する.

・構文を知らなかった
 →ネクステ,英語の構文150,英文精講(上述)を確認

・文法を知らなかった
 →ネクステ,文法書を確認

・その他(文脈を読めなかったなど)
 →本文中で答えを導くカギとなるポイントがどこなのか確認する

意味を完璧に理解したうえで音読を繰り返す

これにより英語力はグングン伸びるはずです.

Duo,ネクステなど基礎力のつけ方については別記事で解説してます.(記事最後に載せるよ)

僕が実際に使った時期

高3夏~秋

対応レベル

300~1000語どのレベルをやるにしても,文法,単語,熟語,構文,英文解釈の知識はある程度習得してからやった方が効果的です.不安がある人は最後に載せる記事を参考にして,基礎知識を身につけましょう.

それぞれの大まかな到達レベルも記しておきます.

300:中堅私立大学,あんまり長いとやる気が...という人向け

500:GMACH,地方国公立大学の標準レベル,センター8割以上

700:GMACH,地方国公立大学の難しめレベル.東大,京大,一橋,東工大,早慶の標準レベル.

1000:超長文を出す大学(慶応など)

正直,東大などの難関大を目指す人でも700までやっていれば十分合格可能です.万人受けするのは500かな.志望校がめっちゃ長い長文問題を出すなら1000をやるのもありかと思います.

 

英語長文へ道6:多読

長文読解に必要な力
  1. 文法,単語といった基礎力
  2. 複雑な文構造を把握する力
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力(今ここ)

上で紹介した「基礎英文問題精講」は精読用でしたが,速読を身に着けることも大事です.

1,2,3の力をバランスよく身に着けてれば速く読めるようになりますが,それに加えて,多読が有効です.僕は下記の多読用小説を読んでいました.

oxford bookworms シリーズ

特徴

  • 一冊が薄いので読みやすい
  • レベル分けされているので,自分に合ったものを選べる
  • 有名な話が多数あり,小説として面白い

使い方

  • なるべく辞書を引かずに,読むスピードを速くして話の大筋をつかむように読む.
  • 分からない単語には印をつけて後で調べるようにする.(長文読解に不可欠な単語の意味類推能力がつきます)

基本的に興味のある話を楽しんで読むことが大事だと思います.僕は計10冊位読みました.

使用期間

高1夏~高2冬

対応レベル

レベル分けされてるので自分に合ったものを.

  語彙数 TOEICレベル
レベル1 400語 250点~380点
レベル2 700語 310点~400点
レベル3 1000語 380点~560点
レベル4 1400語 420点~700点
レベル5 1800語 520点~750点
レベル6 2500語 700点以上

行動しないと読んでも無駄

長文読解に必要な力
  1. 文法,単語といった基礎力
  2. 複雑な文構造を把握する力
  3. 文同士の繋がり,文脈を理解する力

英語長文問題では,この3つの力をバランスよく身に着けることが大事です.そのためにやるべきことは全てこの記事に書きました

でも,読んだだけじゃ長文が読めるようにはなりません.実際に,紹介した問題集を今すぐ注文して,やってみてください

世の中の99%の人は良い情報を得ても,それで満足して行動に移しません.ぜひ,残りの1%になってください!僕のブログがきっかけで,あなたの人生が良い方に進めば,ブロガー冥利に尽きます.(*´ω`)

以上で終わりです!更新情報はツイッターでつぶやくので良ければフォローしてください.

シェアしていただけると,泣いて喜びます(´;ω;`)

最後に,途中で紹介した記事を載せときます.

紹介してないけど,これも役立つと思うよ.