東大生の頭の中をさらすブログ

現役東大生がオススメ勉強法を発信

ブログタイトル

【基礎英文問題精講】おすすめの使い方・勉強法を東大生が徹底解説!

f:id:toudain:20180821185652j:plain

基礎英文問題精講ってどんな問題集なの?
おすすめの使い方は?

これらの疑問に現役東大生がズバリ答えます.

基礎英文問題精講とは英文解釈の参考書です.僕も実際に使っていて英語力(長文読解力)が飛躍的に伸びました.本当におすすめできます.

記事を読んでわかること・基礎英文問題精講の内容
・どんな人に向いているか
・おすすめの使い方
・実際に僕が使っていた時期

読んで実践すれば,英語長文がびっくりするくらい得意になりますよ!それでは行きましょー!

 

基礎英文問題精講とは

実際の入試問題を使って英文解釈を学べます.単語は分かるけど,訳すとなると難しい文章を多数扱っているので,和訳問題に強くなるし,正確な読解力も身に付きます.

長文読解に必要な能力
  • 単語,熟語
  • 文法
  • 構文(英文解釈)
  • 文脈理解

この中でも構文,文脈理解を学べるのが基礎英文問題精講です.

僕も昔は「単語の意味はわかるのに何だかうまく訳せないな~」と感じることが多かったです.

しかし,英文精講をやりこむことで,文の構造がしっかりと理解でき,自信をもって訳すことができるようになりました.

単語の意味をペタペタくっつけただけの和訳とはおさらばしましょう!

基礎英文問題精講をやるべき人

基本的に英語長文を得意にしたい全ての人にやってほしいです.これじゃ情報量0なので,もうちょっと詳しく言います.

特にやってほしい人
  • 志望校の入試に英文和訳問題がある人
  • 難しい英文でつまずく人(単語は分かるのに)

英文和訳は多くの受験生が訳しにくいと感じる部分から出題されます.
英文精講はそういう問題をたくさん扱っているので,大きな力になるはずです.

また,難しい文は単語や構文が分かっても上手く訳せないですよね.

その文章の中にどんな構文が使われているのかを見極める必要があるからです.そういう練習をしたい人にもオススメです.

英文解釈の技術は長文読解において本当に大切なので,みんなやるべき!

基礎英文問題精講のレベル・難易度

難易度はかなり難しいです.でも既に訳せる文章を訳してもなんの意味もないですよね.難しいからこそ意味があります.

センター(共通試験)レベルの英語しか使わないという人には不要でしょう.逆に,これをやってセンターを解くと,すごく簡単に感じると思います.

 

基礎英文問題精講の内容

英文精講は次の4つのパートに分かれています.

  1. 構文編
  2. 文脈編
  3. 応用問題編
  4. 頻出重要テーマ演習編

構文編

一番やってほしいパートです.40個の例題とその確認問題があります.

例題は長文で言う1段落分の長さなので,長すぎることはなく,短時間で取り組めるはずです.

長文読解で皆がつまずきやすい(訳しにくい)ポイントが豊富に解説されています.

ここだけでも繰り返しやると,本当に長文が得意になりますよ!

文脈編

20個の例題があります.例題の長さは構文編と同じくらいで取り組みやすい分量となっています.

文脈を理解する練習ができます.具体的には

  • 指示語(this, thatなど.他にもいろいろ)
  • 代名詞(itなど)
  • 省略(英語は繰り返しを嫌う)
  • 言い換え
  • 修飾関係

など,英語長文読解で大事なことがたくさん解説されています.

実際入試でもよく問われる部分ですよね

応用問題編

20個の例題があります.
構文編,文脈編で学んだことを実際の入試問題で試してみようといった感じ.

構文編,文脈編と比べると文が長くなりますが,やっておけば英文解釈の知識を問題で活かす力が付きます.

頻出重要テーマ編

環境,インターネットなど時事的なテーマの演習問題です.解説がそこまで詳しくないので,分からないことは辞書などで調べつつやる必要があります.

前3つに比べると優先度は低いです.

優先順位まとめ構文編=文脈編>応用問題編>頻出重要テーマ編

 

基礎英文問題精講の使い方

この問題集の真髄ともいえる構文編の勉強法を説明します.まずは,例題だけやっていきましょう.

基礎英文問題精講の勉強法
  1. 全体を読んで下線部を和訳する
  2. 答えを見て,訳せなかった所を理解
  3. 英文を書いて,昔の自分に向けて解説
  4. 意味を考えながら音読
  5. 出来なかった問題を繰り返す

1.全体を読んで下線部を和訳する

10行弱の文章の中で,そこで学ぶ構文が含まれている文に下線が引いてあります.文章全体を読んで下線が引いてある文を和訳します.

頭の中で和訳するのではなく,実際に書くことが大事.

正確に訳せない部分を明らかにすることが目的です.

 

2.答えをみて訳せなかった所を理解する

答え合わせは正確に行いましょう.大体の意味が合っていればOKではダメです.

単語の意味だけでなく,

  • 関係代名詞
  • 接続詞等

を意識して,接続関係や修飾関係を明らかにします.

単語の意味が分かっても,文の意味が取れない人はこの接続関係,修飾関係の理解が曖昧になっていることが多いです.

 

3.英文を書いて昔の自分に向けて解説する

答えを見て理解した英文の構造と意味を意識して英文をノートに書きます.

英文を書いたら,昔の自分に向けて解説を書きます.元々分かっている部分を書くのは時間の無駄なので,意味や構造が分からなかった所を書きましょう.

書くべきPOINT
  • 分からなかった単語,熟語の意味
  • 主語,述語の対応(2組以上あるのなら,その文法的理由)
  • 修飾関係(関係代名詞,分詞など)
  • 接続詞(何と何が繋がってるか明確に)

この段階でこの文章に関しては,分からないことは何もない状態にしておくのが大切です.

 

4.意味を考えながら音読

最後に英文の意味や構造を完璧に理解したうえで,意味を考えながら音読します.

このように,意味と構造が分かった英文を書いたり,音読したりすることが英語が得意になる一番の近道です.

この繰り返しで日本語を挟まなくても英語のまま理解できるようになります.

 

5.できなかった問題を繰り返す

この問題集に限らず,全ての勉強でやってください.できなかった問題だけ繰り返せば良いです.

最低でも2周はしてほしいところ.

勉強ができると言われている人は例外なく,間違えた問題を繰り返しています.

 

実際に僕が使った時期

 高3春~9月ごろ.

・文法
・単語
・構文
などの基礎をある程度仕上げてからやるのが効率的です.

 

基礎英文問題精講まとめ

このおかげで,東大に合格したと言っても過言ではない超おすすめの英文解釈問題集です.

これをやることで以下のことが身に付きます.

  • 長文読解に必要不可欠な英文解釈力
    (構文,文脈理解)
  • 難しい英文でも正確に和訳できる精読力
使い方
  1. 全体を読んで下線部を和訳する
  2. 答えを見て,訳せなかった所を理解する
  3. 英文を書いて,昔の自分に向けて解説
  4. 意味を考えながら音読
  5. 出来なかった問題を繰り返す

長文読解を得意にしたい方はぜひやりましょう!

・おすすめ勉強法
・東大生の裏事情
などをツイートしてるので良ければフォローしてください.

シェアしていただけると,泣いて喜びます(´;ω;`)