東大生の頭の中をさらすブログ

【現役東大生ブロガー】 公立の小中高→予備校に通わず東大合格→大学では家庭教師として計8人を指導しつつ、海外インターンなどに挑戦 / 学生、子持ちの親、勉強のやり方を見直したい社会人の味方 / おすすめ勉強法を超具体的に発信中

ブログタイトル

【再読文字の覚え方】一瞬で暗記できるコツを東大生が徹底解説

f:id:toudain:20190624173724j:plain

再読文字たくさんあって覚えられないよう...

そんなお悩みを持つあなたに,現役東大生が再読文字の覚え方,暗記のコツを教えます.

結論から言うと,再読文字の覚え方は3つ.

  1. 似たものどうし分類する
  2. 音読して読みと意味を覚える
  3. 熟語と結びつけて覚える

読み終わったころには,再読文字を覚えるコツが分かり,さらに漢文そのものへの理解も深まっているはずです.

この記事でわかること・再読文字の覚え方
・東大生が教える暗記のコツ

 

そもそも再読文字とは

覚え方の前に10秒で基本を確認しましょう!

再読文字とは2回読む漢字のことです.

POINT
  1. 一度目は返り点を無視して副詞的に読む
  2. 二度目は返り点にしたがって,動詞として読む

再読文字一覧

未・将・且・当・応・宜・須・猶(由)・盍
の10種類.

再読文字の覚え方

次の2ステップで,驚くほど簡単に覚えられます.

  1. 似たものどうし分類する
  2. 音読して読みと意味を覚える

1.似たものどうし分類する

10種類なので力づくで暗記することもできますが,より効率的に暗記するコツがあります.
それが「似たものどうしに分類する」こと.

漢文の再読文字に限らず,似た者どうしでカテゴリー分けする方法は効率的な暗記の基本です.

再読文字の分類
  • 将・且:「まさニ~セントす」と読む
  • 当・応:「まさニ~スべシ」と読む
  • 宜・須:「○○~スべシ」と読む
  • 未・猶(由)・盍:その他

将・且:「まさニ~セントす」と読む

  • 書き下し文:まさ~せんとす
  • 意味:~しようとする
       ~するつもりだ
  • 書き下し文:まさ~せんとす
  • 意味:~しようとする
       ~するつもりだ

将・且は読みも意味も全く同じです.セットで覚えましょう.

当・応:「まさニ~スべシ」と読む

  • 書き下し文:まさ~すべし
  • 意味:~すべきだ
       きっと~のはずだ
  • 書き下し文:まさ~すべし
  • 意味:~すべきだ
       きっと~のはずだ

当・応に関しても読みも意味も全く同じです.セットで覚えましょう.

「当然」という熟語を思い出せば,「当然~すべき」「当然~のはずだ」と意味と結びつきやすいですね.

こんな感じで熟語と結びつけて覚えるのもコツです.

宜・須:「○○~スべシ」と読む

  • 書き下し文:よろしく~すべし
  • 意味:~するのがよい
  • 書き下し文:すべからく~すべし
  • 意味:~すべきだ,~する必要がある

どちらも「○○~スべシ」と読みます.意味も似ているのでセットで覚えましょう.

「適(その時々に合った行動をすること)」「必」という熟語と結びつければ,意味も覚えやすいですね.

未・猶(由)・盍

この3つは上のどれにも当てはまらない仲間はずれです.笑

特に共通点があるわけでもないので,音読して読みと意味を覚えるしかないですね.

  • 書き下し文:いま~せ
  • 意味:まだ~しない
  • 書き下し文:~のごとし
            ~するがごとし
  • 意味:ちょうど~のようだ
  • 書き下し文:なん~せざる
  • 意味:どうして~しないのか,~すればよい

 

2.音読して読みと意味を覚える

似たもの同士に分類できたら,後は音読して読みと意味を覚えるだけ.

今,ここまで読んだあなたは何となく分かった気になっているだけです.

次に挙げる例文を意味を考えながら何度も音読してこそ,自分のものになります.必ずやってください.

最終的には「訓読文から書き下し文に直せて意味も分かる状態」を目指しましょう.

将・且:「まさニ~セントす」と読む

f:id:toudain:20190623152657j:plain

当・応:「まさニ~スべシ」と読む

f:id:toudain:20190623152702j:plain

宜・須:「○○~スべシ」と読む

f:id:toudain:20190623152707j:plain

未・猶(由)・盍

f:id:toudain:20190623152714j:plain

音読が効果的な理由

漢文って英語のようなものなんですよね.なので英語に効果のある「音読」は漢文にも効果があります.

特に例文の音読が効果抜群なのも同じ.意味を考えながら何度も音読しましょう.

他にも英語の勉強法を知りたい方はこちらをどうぞ.

 

再読文字の覚え方まとめ

  • 似たものどうし分類する
  • 何度も音読して読みと意味を覚える
  • 熟語と結びつけて覚える

これだけ!一回で覚えられるはずがないので,何度も音読すること.
例文はこの記事に挙げたものだけで十分なので,ブックマークして何度も読むと良いと思います.

最終的には「訓読文を見ただけで,書き下せて意味も分かる状態」を目指しましょう.