東大生の頭の中をさらすブログ

現役東大生がオススメ勉強法を発信

ブログタイトル

模試がC判定,D判定でも確実に合格する方法を東大生が解説|志望校は変えるな

f:id:toudain:20190805185843j:plain

模試がD判定,良くてもC判定しか出たことないんだけど,合格できるのかな?
志望校変えるべき?

これらのお悩みを現役東大生が解決します.結論から言うと志望校は変えない方が良いです.

僕は模試ではD判定(1度だけC判定)しかとったことがないですが,東大に現役合格できました.

実はD判定以上なら受験生全体の上位半分という事実があるんです.

ぜひ最後まで読んで模試の判定に対する正しい見方を身に着けてください.

この記事でわかること・意外と知らない模試の判定基準
・C判定,D判定で志望校を変えてはいけない理由
・C判定,D判定から確実に合格する方法

 

模試がC判定,D判定なら志望校は変えるな!

模試がC判定,D判定だと不安になるかもしれませんが,志望校を変えるべきではありません.

志望校を変えてはいけない理由
  • D判定以上なら上位半分
  • 判定はほんのわずかな差で変わる
  • モチベーションが下がる

模試でD判定なら上位半分

一般的な合格率はC判定で40~60%,D判定で20~40%です.(下表参照)

判定 合格率
A判定 80%以上
B判定 60-80%
C判定 40-60%
D判定 20-40%
E判定 20%以下

D判定で20-40%って低くない?

と思うかもしれませんが,D判定の時点でその大学を志望してる受験生の上位半分には食い込んでいるという事実があります.(参考

例えば,東大受験生が1000人いるとして,模試がD判定だったら上位500人の中にはいるということです.

思ったより安心できませんか?(笑)

まあもちろん合格を確実なものとするには,もっと上を目指す必要がありますが,これからの努力次第で全然可能性はあるということを知っておいてください.

実際,僕もD判定(1度だけC判定)から受かったので.

 

判定はほんのわずかな差で変わる

C判定,D判定で志望校を変えない方が良い理由2つ目.

「B判定かC判定か」あるいは「C判定かD判定か」なんて,数学の大問1つができたかどうかで変わってしまいます.

「たまたま自分の得意分野が出た」とかで変わってしまうのです.

なのでC判定,D判定で一喜一憂するよりも,がんばれば合格する可能性は全然あることを自覚して,勉強に励みましょう

 

モチベーションが下がる

ぶっちゃけこれが一番大きいです.

志望校を下げると,どうしてもモチベーションが下がってしまいます.

このレベルの大学ならA判定,B判定とれてるし,たぶん受かるっしょ.

と慢心して,結果的に勉強しなくなり成績が下がってしまう可能性があります.

もちろんそんなことなく,自分を律することができる人は良いのですが,多くの人は楽な方に流れてしまうものです.

以上3つの理由から,模試がC判定,D判定だったとしても安易に志望校を変えることはオススメしません.

 

【おまけ】11月の大学専用模試でE判定はヤバい

C判定,D判定のあなたには関係ないと思いますが,11月にある大学専用模試でE判定なら,志望校を変えた方が良いです.

理由は以下の2つ

  • この時期から逆転するのは難しい
  • 大学専用模試の信頼性は高い

詳しくは次の記事で解説しています.

 

模試は何より復習が大事

模試がC判定,D判定だと不安になりますよね?

不安は圧倒的努力で打ち消すしかないです.
まずはすぐにできる模試の復習をしましょう.

ここまで「C判定,D判定なら志望校は変えるな!」と言ってきましたが

  • C判定で合格率40~60%
  • D判定で合格率20~40%

という事実は変わりません.

本番,合格するためには苦手をつぶしていくしかないのです.そのためにも,今回の模試の復習が大事

 

C判定,D判定から確実に合格する方法

  • 合格までの点数を逆算して戦略を立てる
  • 基礎を高いレベルで完成させる
  • 合否を分ける問題を解けるようにする
  • 添削指導を受ける

合格までの点数を逆算して戦略を立てる

C判定,D判定の人は受かるか落ちるかの瀬戸際にいます.

残り数か月で何とか合格者最低点,できれば合格者平均点までもっていかなければなりません.

そのためには適切な戦略を立てて,人より多くの量をこなす必要があります.

適切な戦略とは
  1. 具体的に合格者平均点までの点数を計算して「この科目のこの分野で+10点取ろう」といった目標をたてる
  2. その目標を達成するためにやるべきことを決める

例えばこんな感じ↓

  1. 数学はあと大問2問分の点数を取りたい.「微積」「確率」の分野の出題率が高いわりに,自分は得点できていない.
  2. 大学への数学の「微積」「確率」分野を全問解く.場合によっては青チャートや教科書に戻って確認する. 

これを入試科目の全教科,全ての問題形式に対してやります.そうすると,本番までにやっておくべきことが見えてくるはずです.

「何をやるべきか分からない」という人は家庭教師サービスの一環で相談に乗るので,以下の記事から無料体験に申し込んでください.

\あなた専用勉強計画表プレゼント中/

 

 

基礎を高いレベルで完成させる

C判定,D判定の人はそこそこ基礎が完成しているかもしれませんが,まだ十分ではない可能性もあります.

合否の境目にいる分,みんなができる問題は確実に正解する必要があるのです.そのためにも基礎を高いレベルで完成させておく必要があります.

基礎とは
  • 英語:単語,文法
  • 数学:チャート式レベルの典型問題
  • 国語:古文漢文の文法,句法
  • 物理・化学:教科書レベルの問題

ざっくりいうと教科書,定期テストレベルの問題が難なく解けるレベルです.

 

合否を分ける問題を解けるようにする

上のような基礎を身に着けたうえで「合否を分ける問題」を解けるように練習します.具体的には

  • 過去問
  • 入試レベルの問題集

を使用します.

実際に何を使うべきかはその人の志望校と現在のレベルによって決まります.

やることが分からなければ,以下の記事から無料体験に申し込んで相談してください.

\あなた専用勉強計画表プレゼント中/

 

それらの問題演習で重要なのが,解けなかった原因を分析して,どうすれば次にその問題を正解できるかを徹底的に考えることです.

解けなかった原因の分析例
  • 全般:基礎知識が足りなかった
  • 数学:典型問題のパターンを知らなかった
  • 英語:単語は分かったけど,文構造を読み解けなかった
  • 国語:漢文の句法が抜けていた

これらはあくまで一例.間違えた原因を自分で分析して,覚えるべきことは覚えて次は解けるようにしましょう.

これを一歩一歩積み重ねることで合格に近づきます.

 

添削指導を受ける

何度も言いますが,C判定,D判定の人は受かるかどうかの瀬戸際にいます.1点が合否を分けるなんてこともよくあるのです.

あと1点をもぎ取るためにも「記述の仕方でマイナス」なんてことは避けたいです.なので,添削指導を受けるのがオススメ.

僕は高校の先生をフル活用して以下の科目の添削をしてもらっていました.

特に添削してもらうべき科目
  • 数学
  • 国語
  • 英語(要約問題,英作文)

言い方は悪いですが,学校の先生など利用できるものは徹底的に利用するくらいの気持ちが大事です.

先生に添削に出す前に自分でも添削するようにしましょう.
自分でも添削すると回答に盛り込むべき要素が分かってきます

うちは進学校じゃないし,先生に頼むのはちょっとなぁ

という人にはZ会の添削指導もおすすめです.

1科目から申し込めるので,とりあえずやってみるのもありだと思います.

 

最後に大事なこと

いろいろ言いましたが,まずは今回の模試の復習をしましょう.

A判定,B判定の人は絶対にやってますよ.彼らに勝つためにも今すぐやりましょう.
下の記事を参考にしてください.

【追伸】
このブログの勉強法カテゴリーツイッターでは,僕が東大に合格するまで実践していた勉強法を誰でもマネできる形で発信しています.

とりあえずフォローしておくとお役立ち情報をゲットできますよ.

参考になったらシェアしてくださると泣いて喜びます( ;∀;)