東大生の頭の中をさらすブログ

現役東大生がオススメ勉強法を発信

ブログタイトル

【センター英語対策】9割とるための勉強法・コツを東大生が徹底解説!

f:id:toudain:20190115012120j:plain

センター英語ってどう対策すればいいの?

センター英語満点の現役東大生が徹底解説します!

割と高得点取らなきゃいけないんだけど,今の段階ではまだ全然ダメって人にこそ読んでほしいです.

僕は,初めてセンター試験を解いたときは120点くらいでしたが,以下に述べる正しい対策をして9割は安定して取れるようになりました.

ぜひ,最後までじっくり読んでください.高得点をバンバンたたき出しちゃいましょう!

記事を読んでわかること・センター英語に特化したコツ,裏技
・最も対策すべき分野
・効率的な解き方
・おすすめの問題集

センター英語は日ごろの勉強の延長

多くの人が勘違いしていますが,センター対策としてテクニックばかり追い求めていると,結局たいした点数は取れずに終わります.

センターのコツとか裏技とか教えてくれるって言ったじゃん!!

後でちゃんと教えるよ.でも,ああ言ったのにはちゃんと理由があってな.

  • 単語,熟語
  • 文法
  • 構文,英文解釈

といった英語の基礎体力なしに,テクニックに走ると,得点が安定しないからなんだ.

2次試験に向けて英語の総合力を上げる勉強をしていれば,センター対策は1-2ヶ月で十分.

次の章から具体的にセンター英語で9割とるために気をつけるべきポイントを解説します.

センター英語で最重要分野は長文読解!

センター英語の出題内容

大問 内容 配点
1 発音・アクセント 14
2 文法・語法 44
3 会話読解 41
4 読解・資料の読み取り 35
5 物語の読解 30
6 評論の読解 36

これを見て分かるように,その内容に違いはあれど,長文読解が約7割を占めているんですよね.

センター英語を攻略するために長文読解はとても大事なので,まずはその勉強法を話しておきます.

長文読解のコツ・勉強法

長文が苦手な人は自分がなぜできないか把握していますか?

  1. 文法,単語が分からないから文の意味が分からない
  2. 文法,単語は分かるけど,構造が複雑な文の意味が分からない
  3. 文同士の繋がり,文脈が分からないから長文が分からない

大きくこの3つに分けられるでしょう.それぞれが苦手な部分を対策するべきです.

長文だけ練習すれば言い訳じゃないんだね.

そのとおり.ほとんどの場合,長文以外の知識不足が苦手の原因なんだ.

1.文法,単語が分からない人

基礎知識を徹底的に覚えることが大事.詳しい勉強法,おすすめ問題集などはこちらに書きました.(記事最後にも載せるので飛ばしても大丈夫です)

2.文法,単語は分かるのに,複雑な文が読めない人

英文解釈の技術を磨くべきです.構文や文の構造を見極める力をつけましょう.

具体的には以下のことが重要です.
・主語,述語を把握する
・修飾関係を明確にする
・接続関係を明確にする

僕が使っていた問題集を挙げておきます.どれも本当におすすめ.

3.文同士の繋がり,文脈が分からない

これは,実際の問題で練習するしかありません.おすすめは「基礎英文問題精講」.上でも挙げましたが,構文編と文脈編があるので,文脈が分からないという人にもお勧めできます.(下の記事も最後に載せます)

センター英語の大問別対策

大まかには長文が大事というイメージで良いですが,3割の文法問題も無視できません.順番に見ていきましょう.

大問1:発音・アクセント

9割を狙う人以外は,配点も少ないこの分野の対策に時間をかけるべきではありません.

普段から英語の勉強をするときに
・この発音分からないな
・アクセント(強く発音する部分)どこだ?
ていう単語があったら,めんどくさがらず調べることが一番の対策になります.

  • oが連続したら「ウ」と発音する(例:book)
  • tionの前にアクセントが来る(例:station)


というような「法則」を覚えるのも大事ですが,やっぱりいちいち分からないものをつぶしていくのが良いでしょう.

おすすめ問題集:ネクステージ

日頃の勉強で意識するのは分かったけど,もうセンターまで時間がないんだ!

そんなあなたには,この一冊.文法,語法などあらゆる基礎分野の問題が体系的にまとまっています.

その中の「発音・アクセント」の章をやれば,短期間で一気に仕上げることができます.上に挙げた「法則」もたくさん載っているので,一度やっておくと安心です.

大問2:文法・語法

次の3タイプの問題形式で出てきます.

  • 空欄補充
  • 並び替え英作文
  • 組み合わせ英作文


それぞれの形式ごとに何か特別な対策をする必要はないです.それよりも,どんな問題にも対応できる基礎力を身に着けるべきです.

対策とコツ

基礎を身に着ければ,良いことは分かったけど,解く上で何かコツみたいなものはないの?

もちろんありますよ!ずばり,,

並び替え英作文は「カタマリ」を作れ!

とりあえず,問題見てみましょう!

Bridhet: How was your basketball season last year?
Toshi: I ___ ___ ___ ___ ___ ___.
①highest ②on ③scorer ④the second ⑤the team ⑥was

 「the second highest 名詞 : 2番目に高い~」
を知っていれば,「the second highest scorer」というようにカタマリを作れます.

さらに,主語「I」の後は動詞が来るはずなので,次のような3つの並び替え問題に変換できます.

I was ___ ___ ___.
①the second highest scorer ②on ③the team 

ここまで来れば,解けますね.答えはこれ.

I was the second highest score on the team.

 大事なこと,もう一回言います.

センター英語のコツ並び替え問題は「カタマリ」を作る

「カタマリ」を作るためには「この単語とこの単語は繋がりそうだなぁ」ていう感覚が大事なんですよね.

その感覚を身に着けるためには,英語の勉強で普段から音読することがめちゃめちゃ大事です.音読をすれば,単語の繋がりが何となく耳に残っている状態になります.

これができれば,並び替え問題だけでなく,空欄補充,組み合わせ英作文も対応できるので,センター英語大問2で高得点が取れるようになるでしょう.

おすすめ問題集 :これまたネクステージ

文法・語法といった基礎知識を身に着けることができるネクステージがおすすめ.さっきも紹介したけど,本当におすすめなんです笑

センターのような選択形式なので,サクサク進みます.覚えるべき知識を結び付けて整理することができるので,持ってない人はぜひ,やっておくことをおすすめします.

大問3:色んな形式の読解問題

つぎの3つの出題形式があります.

  • 対話文完成
  • 不要文選択
  • 意見の要約


基礎的な知識や読解力があれば,問題ないのですが,センター独特の形式の問題なので,過去問などで対策しておく必要はあります.

対話文完成,意見の要約問題の対策とコツ

これらの問題では以下のことが重要です.

  • 会話,文章の流れをつかむ
  • 話し手の主張を理解する

これができれば苦労しないって...

簡単に流れをつかむ方法を教えよう!

ずばり,接続詞に着目すること!

接続詞が分かれば
・論理展開
・話の流れ
を整理しやすくなります.

特に,「however」「 but」といった逆接の接続詞は一気に論理展開が変わるので要チェックです.

不要文選択問題の対策とコツ

これはかなり特殊な問題形式です.「いらない文はどれですか」って問題.

f:id:toudain:20190114195228j:plain

 コツは下線が引かれてない文から文章全体のテーマをつかむこと.上の文章だと冒頭の文から,テーマは「足のための正しい靴選び」だと分かります.

テーマに合わないブランドとかデザインの話をしてる③が答えとなります.

また,テーマには合っていても文脈的におかしいこともあります.指示語などに注意して,文脈を理解するしかありません.

ちなみに,テーマが分からなかった人は,単純に単語力,文法力などの基礎知識が不足してます.下の記事を読んでね.

大問4:資料の読み取りを含む長文読解

はじめに,大問4は一問5点,大問5,6は一問6点と重いです.ここからの内容をじっくり読んで,確実に取れるように対策しましょう.

大問4には次の二つがあります.

  • グラフを含む長文を読んで答える問題
  • チラシやポスターを読んで答える問題

センター独特の形式で,過去問での対策が一番効果的です.

グラフを含む長文読解の対策,コツ

グラフがあることを除けば,普通の長文問題と変わりません.ただ,センター英語は時間がないので効率的な方法が求められます.

4stepの解き方
  1. 設問に目を通して,「何が聞かれているか」明確にする.この時,選択肢にもサラッと目を通す(聞かれてるのは数字?場所?人?)
  2. 本文を読む.設問で聞かれているポイントは丁寧に読む.全ての文を読む必要はない.文の重要度は平等ではない.
  3. 設問に該当する箇所まで来て,分かったら答える.
  4. 分からなかったら,さらに先を読む.先を読んたら答えが書いてあることもある.

 大事なことは必ず設問を先に見ておくことです.
(注意)
選択肢も先にじっくり読んでしまうと惑わされる原因になるので,聞かれていることを理解する補助にする位にしましょう.

上で挙げたのは一般的な長文読解の解き方.あえて,グラフがある場合の対策を挙げるとすれば,「ちゃんと凡例もチェックしよう」位でしょうか.

チラシを読んで答える問題の対策,コツ

これもチラシを全て読む必要はありません.まず設問を読んで「何が聞かれているか」を理解したうえで,その情報を探すつもりで読みましょう.

センター英語は時間との勝負なので,ここでもできるだけ効率的な解き方をするべきです.

大問5:物語の読解

基本的には,上で挙げた方法と同じ.まず設問.そして本文.

物語の場合でさらに意識しておくべきは
・誰が
・何をした
かを明確に理解しておくことです.

大問6:評論の読解

基本的に同じ.大事なのでもう一度載せます.この解き方は必ず覚えてね.

4stepの解き方
  1. 設問に目を通して,「何が聞かれているか」明確にする.この時,選択肢にもサラッと目を通す
  2. 本文を読む.設問で聞かれているポイントは丁寧に読む.全ての文を読む必要はない.文の重要度は平等ではない.
  3. 設問に該当する箇所まで来て,分かったら答える.
  4. 分からなかったら,さらに先を読む.先を読んたら答えが書いてあることもある.

 一つだけ追加.大問6には段落ごとの内容をまとめる問題が最後にあります.

f:id:toudain:20190115003501j:plain

ここは初めに,選択肢も含めてサッと確認しておくと,本文のテーマが理解できます.(ちょっとした裏技です)

また,該当段落を読み終わったら,選択肢を当てはめるようにしましょう.確定できなければ,迷わず,次に進みましょう.

 

センター英語対策まとめ

  • テクニックに走る前に基礎を身に着けよう
  • 何よりも長文読解が重要
    →文法,単語,構文,英文解釈,不足している分野をつぶしていく
  • 前半の文法語法問題はカタマリを意識
    →音読で単語の繋がりを耳に残す
  • 長文は「設問から解く」

このページをブックマークしといて過去問解くたびに見直すと良いですよ!

最後に,記事中で紹介した参考書と合わせて読むべき記事を載せときます.