東大生に質問,相談してみる

【共通テスト国語】時間配分&早く解くコツを東大生が徹底解説

4 min 103 views
オンライン学習サービス作ったよ
previous arrow
next arrow
Slider
  • あなた専用学習プラン
  • 東大生に24時間質問し放題
  • 確実に継続できる学習サポート
  • みんなで学ぶ学習コミュニティ

\今だけ無料体験あり/

1000円相当の電子書籍プレゼント中

  • 過去問を解いていても時間内に終わらない
  • 解く順番が分からない
  • 共通テスト国語の時間配分がしりたい

2021年度共通テスト国語9割越えの現役東大生が、こんなお悩みを解決します!

ぜひ最後まで読んで、共通テストの国語の点数をアップさせてください。

実際に共通テストを受けた東大新1年生13人に聞いたアンケート結果もあるので参考になるはずです。

この記事で分かること
  • 共通テスト国語おすすめの時間配分
  • どんな順番で解くべきか
  • 共通テスト国語を時間内に解くコツ

共通テスト国語のおすすめ時間配分

共通テスト国語の問題構成

問題構成や制限時間は、センター試験と変わりません。

  • 第1問 現代文(評論)
  • 第2問 現代文(小説)
  • 第3問 古文
  • 第4問 漢文

これを80分で解く必要があります。

じゃあ、第1問から順番に20分ずつ解けばいいんじゃないの?

時間配分と解く順番を工夫すれば、得点が伸びること間違いなしです!

【現代文が得意な人向け】おすすめ時間配分と解く順番

第1問:評論 18分

第2問:小説 18分

第4問:漢文 18分

第3問:古文 23分

POINT
  • 得意な現代文をはじめに解くことで、時間と精神的な余裕を。
  • 漢文は、古文より短い時間で終わり得点も安定しやすいので、漢文→古文の順番。
  • 古文は、主語の判定に時間がかかることが多いので、時間をかけて最後に。

2(小説)は大量失点があり得るので
1(評論)→4(漢文)→3(古文)→2(小説)
の順で解いてもいいかもしれません。

【古文漢文が得意な人向け】おすすめの時間配分と解く順番

第4問:漢文 14分

第3問:古文 19分

第1問:評論 22分

第2問:小説 22分

POINT
  • 得意な古漢をはじめに解くことで、時間と精神的な余裕を。
  • 漢文は、古文より短い時間で終わり得点も安定しやすいので、漢文→古文の順番。
  • 2(小説)は得意な人でも登場人物の心情を読み取りを誤ると、大量失点があり得るので最後に。

共通テスト国語を時間内に解くコツ

コツ1:まず設問に目を通す

本文を読む前に設問にサッと目を通しておくと、初めから答えを意識しながら本文を読めるので、力を入れて読むべきところがはっきりします。

選択肢までは読まないでください。
あくまでどこを詳しく読むべきかを明確にするのが目的です。

コツ2:自分に合う解き方を身に着ける

現代文の解き方としては大きく2つあります。
それぞれメリットデメリットがあるので、自分に合う解き方を身に着けると制限時間内に解けるようになります。

解き方1:本文先読み型

  1. 本文を全て先に読む
  2. 問題を解く
メリット
  • 全体のテーマを抑えることができる。
  • テーマに沿わない選択肢を一瞬で排除できる。
デメリット
  • 問題を解くときには、本文の最初の方を忘れてしまうと、もう一度読み直す羽目になる。

解き方2:並行解答型

  1. 傍線部が出てきた段階で問題を見る 
  2. 傍線部に関わる意味段落を読み終えた段階で解けたら解く
  3. 判断できなかったら、最後まで本文を読む           
メリット
  • 傍線部に関わる段落を読み終えたら問題を解くので、本文を読み直す手間がかからない。

デメリット
  • 本文全体のテーマの把握が必要な問題は最後まで読む必要がある。

東大新1年生13人に解き方を聞いてみた

  • 解き方1:本文先読み型
  • 解き方2:並行解答型

共通テスト本番はどちらの解き方で解きましたか?と東大自習室メンターの新1年生13人に聞いたところ、以下の結果となりました。

7割の東大生が「解き方1:本文先読み型」だったんですよね。

東大生の意見
  • 共通テスト試行調査は傍線部の先を読まないとできない問題ばかりだった
    (ただ、本番と試行調査は全く違った)
  • 全体の主題をつかんでおくと2択まで絞ったときに間違えにくい

共通テスト国語は全体の大まかな枠組みをとらえていたほうが解きやすいという意見が多かったです。

東大生の7割が本文先読み型だったことを踏まえた上で、自分に合う解き方を身に着けるのが良いでしょう。

コツ3:選択肢を見る前に回答を作る

初めから選択肢を見てしまうと「本文中に出てきているキーワードで構成されているが、傍線部の解答にはなっていない」という選択肢にひっかかりやすくなります。

これを防ぐには選択肢を見る前に頭の中で解答を作っておくのが良いです。

ダミー選択肢で迷わなくなるので、結果的に時間短縮につながります。

コツ4:間違いを探す

センター試験および共通テストの問題は、正解の選択肢であっても首を捻りたくなるものがあります。
なので、一発で正解は選べません。

テーマと違う、明らかな誤りがある選択肢を一つずつ潰していくしかありません。

意識せずに消去法で解いていた人も、意識して間違いを探して選択肢を絞ることで、正確かつ早く解けるようになるはずです。

時間内に解くコツまとめ
  • まず設問に目を通す
  • 自分に合う解き方を身に着ける
  • 選択肢を見る前に頭の中で解答を作る
  • 間違いを探す

共通テスト国語本番を受けた感想

1:試行調査と全く違う

共通テスト試行調査は平成29、30年度の2回実施されていて、問題や解答はホームページで公開されています

私も実際、2回分とも解きましたがひどい点数しか取れませんでした。

試行調査で出たが、本番は出なかった出題形式
  • 複数回答の問題がなかった(現代文)
  • 憲法の条文などの資料が出されなかった
  • 表や写真がなかった

気づいた方もいるかもしれませんが、センター試験の形式と大した違いはありませんでした。

2:漢字が4択!

センター試験では第1問の問一で漢字の出題があって、5択の問題が5問ありました。
2点×5とはいえ、確実に得点しておきたい問題なのですが、なぜか4択になっていました。

難易度を下げたかったのかもしれませんが、国語は5〜9点の問題が多いことを考えると、受験生にとってプラスになっているとは言えないです。

3:思考力を問う問題は怖がらなくていい

共通テストの特徴である、思考力を問う問題について不安を感じている受験生もいるかもしれません。

ですが、国語のテストである以上、回答の根拠は本文にあります。思考力なんて使う前に、本文とずれている選択肢は正解ではないのです。

私はどれが思考力を使う問題なのかに気付きもせず、意識もしませんでした。

共通テスト国語の時間配分まとめ

得意な分野別に2例出しましたが、ポイントは以下の通りです↓

POINT
  • 得意な分野から
  • 古文より安定しやすい漢文から
  • 小説より安定しやすい評論から
  • 先に解くものは短時間で

ぜひ、私の経験を参考にしてください!

また、私は「東大自習室」の講師として働いています。

  • もっと深く聞きたい
  • 勉強の相談に乗ってほしい

といった要望があれば応えるので、気軽に相談してください。

私の経験を基にアドバイスさせていただきます。

東大自習室とは
  • あなた専用学習プラン
  • 東大生に24時間質問し放題
  • 確実に継続できる学習サポート
  • みんなで学ぶ学習コミュニティ
  • 常時開放のオンライン自習室

完全個別指導であなたの成績を伸ばす方法を本気で考えるので、ぜひ体験指導でお会いしましょう!

ほりえ

ほりえ

東大自習室メンターの1年生。
予備校に通わずに現役で東大合格したため、勉強計画、参考書や問題集選びに自信あり。
成績があがるだけでなく将来につながる勉強ができるようサポートしている。
【記事内容は10人以上の東大生が議論し、東大卒の編集長が監修しています】

FOLLOW

受験に向けて何をやるべきか分からない...
頑張っているのに結果が出ない...
1人だと勉強が続かない...

そんなお悩みをお持ちの中高生に向けて、【東大生による完全個別指導】×【学習コミュニティ】という全く新しいオンライン学習サービスを立ち上げました!

東大自習室とは
  • 東大生があなた専用学習プランを作成
  • 東大生に24時間質問し放題
  • 確実に継続できる声掛けサポート
  • 仲間の様子が分かる学習コミュニティ
編集長うっちー

編集長うっちー

僕が東大に現役合格した環境を完全再現しました!

今だけ限定プレゼント

\今だけ無料体験あり/

1000円相当の電子書籍プレゼント中

オリジナル勉強計画表プレゼント中
  • 僕が実践していた勉強計画ロードマップ
  • 書き込み式の計画表テンプレート

を「東大生の頭の中」を読んでくれた方限定で無料配布しています!

欲しい方は,LINEで友達追加して「勉強計画表」と一言一句違わずに打ち込んでください.

計画表の詳しい使い方はこの記事で解説してます↓
【保存版】勉強計画の立て方

知りたい情報はどれ?

関連記事