東大生の頭の中をさらすブログ

【現役東大生ブロガー】 公立の小中高→予備校に通わず東大合格→大学では家庭教師として計8人を指導しつつ、海外インターンなどに挑戦 / 学生、子持ちの親、勉強のやり方を見直したい社会人の味方 / おすすめ勉強法を超具体的に発信中

ブログタイトル

【英語の予習方法】劇的に成績が上がる東大生おすすめ勉強法・ノートの作り方

f:id:toudain:20181128153545p:plain

英語は予習が絶対に必要です.

とはいっても,英語の予習ってどうやれば良いんだろう?

そんなあなたに向けて,学校の授業をフル活用して東大に現役合格した私が実際に行っていた
・予習方法
・授業で意識するポイント
・復習方法
を書きます.

ずばり,予習の流れはこんな感じ.

  1. CDを何度も聞いて意味をとる
  2. 教科書の英文を音読する
  3. 分からない単語や文法を調べる
  4. ノート左ページに英文を書き写す
  5. ノート右ページに日本語訳を考えて書く

予習での一番のポイントは「分からないことを明確にすること」

この記事を読めば,英語の予習・授業・復習の各サイクルでやるべきことが明確になり,英語の成績が確実に上がります.

 

予習方法

教科書の文章を読んで,その解説をする一般的な方式の授業を想定しています.

予習の流れ
  1. CDを何度も聞いて意味をとる
  2. 教科書の英文を音読する
  3. 分からない単語や文法を調べる
  4. ノート左ページに英文を書き写す
  5. ノート右ページに日本語訳を考えて書く

 

1.CDを何度も聞いて意味をとる

絶対にやった方が良いです.リスニングの練習にもなります.1回だけじゃなく,何回も聞いて,意味が取れるように,頑張りましょう.

付属CDは基本あると思うので,配られてなければ先生に聞いてみましょう.借りられたら自分のスマホに入れちゃうと良いです.

2.教科書の英文を音読する

知らない単語があっても,大まかに意味を取りながら読むように意識してください.分からない部分を推測しながら読む力は長文読解で役に立ちます.

・CDのリスニングで聞き取れなかった部分
・読んでいて,意味がわからなかった部分
に下線を引いておきましょう.

3.分からない単語や文法を調べる

上で線を引いた部分を辞書や教科書で調べます.文法は教科書に載ってます.さらに詳しく見たいときは文法書を見ましょう.

単語は辞書で調べてノートに
・品詞
・代表的な意味と使い方(例文)
・関連語
を書いておきます.

意味が複数ある単語は今回の文章ではどんな意味になるか考えておきましょう.発音と例文を必ず確認してください.余裕があれば例文も書いておくと完璧です.

また,自動詞と他動詞の区別を必ずつけて書きましょう.

ダメな例:read = 読む
良い例:read ~ = ~を読む

日本語と一対一で覚えるよりも,例文とともに,使える形で覚えることが何より重要です.

辞書の詳しい使い方はこちらの記事に書いたので,ぜひご覧ください.(記事の最後にも載せるので,読み飛ばしちゃってもOK)

4.ノート左ページに英文を書き写す

予習段階で可能な限り内容を理解した上で,声に出しながら書き写します.

単語や文法を調べた上でそれでも分からない部分には印を付けておきましょう.そこが授業で絶対に確認するべきポイントです.

授業中にメモを取れるように一行空白を空けておくと良いです.

5.ノート右ページに日本語訳を考えて書く

分からなくても,できるだけ空白は作らないように調べたうえで全部訳した方が良いです.さっきも言いましたが,ここで正確に訳せない部分を授業で確認します.

予習で大事なのは「自分が分からない部分を明確にすること」です.

 

英語ノートの作り方

これまでの話を踏まえて,実際,僕が作っていたノートの構成を示します.

f:id:toudain:20181128153545p:plain

単語調べは別のページにしていました.

f:id:toudain:20181128160711p:plain

これはあくまで,一例なので,自分がやりやすい形でやればよいと思います!とりあえず意識してほしいのは分からない部分を明確にすることです.

授業で意識すること

  • 自分の音読(発音,アクセント,区切りの位置)が正しかったか確認する.
  • 予習段階3.4.5で分からなかったところを確認する.
  • 授業を聞いても分からなかった部分は調べたり,人に聞いて解決する.

予習で分からなかった部分をすべて解決するつもりで授業を受けましょう.

復習方法

意味を完璧に理解した上で
・発音
・アクセント
・区切り(主語,動詞や修飾関係)
を意識して音読を繰り返します.

完璧に理解した文章を何度も音読することが英語学習ではとても有効です.

 

その他の形式の授業の予習は?

  • 長文読解:絶対やる
    →基本,上と同じ流れ.
     ノートに本文を写すのはやらなくても
  • 英作文:絶対やる
  • 文法解説:やらなくてもOK
  • リスニング:やらなくてもOK

授業で演習の時間がとられていないものは,基本的に予習したほうが良いです.何度でも言うけど,ポイントは分からないことを明確にすること!

まとめ

英語は予習が絶対に必要なので,必ずやるようにしましょう.

予習・授業・復習の目的
  1. 予習:分からないことを明確に
  2. 授業:分からないことを解決
  3. 復習:完璧に理解した文章の音読を繰り返す

 

予習の流れ
  1. CDを何度も聞いて意味をとる
  2. 教科書の英文を音読する
  3. 分からない単語や文法を調べる
  4. ノート左ページに英文を書き写す
  5. ノート右ページに日本語訳を考えて書く

以上で終わりです.最後まで読んでいただき,ありがとうございました!

途中で紹介した記事を載せます.辞書の使い方など,英語を学ぶ上で絶対に知っておいた方が良いことを書きました.

また,
・単語
・文法
・長文
など分野別の勉強法とおすすめ教材はこちらです↓